名古屋周辺で安い料金でレンタルオフィスを探す方法

名古屋でオフィスを借りるとすると初期費用だけでも多額になってしまいます。そのコストを下げる事ができるのがレンタルオフィスです。レンタルオフィスはデスクやチェアなどオフィスで必要な家具があらかじめ備わっていて、内装なども施されている為、初期費用はかかりません。通常のオフィス契約のように多額な敷金、礼金なども必要ない為初期費用を一気に下げられます。利用料金は個室のレンタルオフィスか、シェアオフィスか広さによって金額が違います。ワークスペースが自宅やカフェで行える業種の方や、これから起業を考える方はバーチャルオフィスを利用する事でレンタルオフィス以上に初期費用を抑える事も可能です。登記など対外部的な事での住所が必要な場合向けです。また月額5,000円くらいから郵便転送や電話転送などのシステムも利用する事ができます。

名古屋でレンタルオフィスを利用するのに料金はどのくらいかかるのか

通常の賃貸契約のオフィスに比べ、レンタルオフィスは初期費用が断然安く済みます。その理由のひとつが敷金や礼金がかからない事です。また賃貸契約ではオフィスを借りた後、別途内装工事が必要になるだけでなく、オフィス家具やパソコン、プリンター機器なども準備しなければならず購入費用も格段に上がります。ですがレンタルオフィスの場合、内装工事は既に済んでいる状態となり、オフィス家具やパソコンなどの機器もオフィススペースと設備を合わせたサービスの為購入の必要はありません。名古屋でレンタルオフィスを利用する際に入会金や年会費などが必要になるケースもありますが、敷金や礼金ほどにはなりません。賃貸契約オフィスと初期費用金額を比べた場合、レンタルオフィスは10分の1程の料金で済む可能性が高いです。

名古屋のレンタルオフィスの利用料金がどのくらいなのかをご紹介します

名古屋駅周辺のビルにあるレンタルオフィスは個室タイプになり料金は10万円くらいから、シェアオフィスは約8万円くらいからです。名古屋のランドマークビルになるため取引先の来社が多かったり、愛知以外に本社があり新たな営業拠点を構える方にはオススメです。来客があまり多くなかったり、小さめのオフィスを希望の方であれば、名古屋駅周辺であっても、格安のオフィスがあります。個室で5万円いかない料金で、半オフィスやシェアオフィスと金額差はあまりありません。丸の内にあるレンタルオフィスも桜通線、鶴舞線の丸の内駅から近く東山線の伏見駅からも近い所にあり、場所によっては名城線、桜通線の久屋大通に近いオフィスもあります。オフィスの種類にもよりますが、個室タイプは10万円くらいかかりますが、シェアオフィスなどは5万円いかない所もあります。