食品製造工場の求人にある仕事内容

食品製造工場では、一つの企業として営業職の人や事務職の人もいますが、多くのスタッフの求人が行われているのが作業スタッフになります。食品を取り扱うということは、栄養士や調理師、衛生管理者などの資格や免許を持った人も必要になりますが、一般作業スタッフとなれば特別に資格や免許の必要もなく、てきぱきと作業ができることが求められます。食品業界ではなくても精密機器などの別の業界であっても、製造の仕事をした経験があるという人では求人応募では大きなアピールポイントとなりますが、全くの初心者であっても採用してもらえるケースもあります。研修をしてから作業に入るような制度を設けていることもありますが、初日からいきなり作業に入れるような簡単な仕事も用意されていることがあり、繁忙期だけの短期スタッフとしても採用が行われています。

初心者でもできる作業も用意されている

食品製造の仕事では、初心者でもすぐにできるような仕事内容も用意されています。大量生産をするとなると、機械化されていて少人数のスタッフでまかなえることもありますが、人の手作業でなくてはできないことであったり、小ロット生産となると機械の設定をしているよりも人が行った方が時間が短く、機械にかける莫大な費用も削減できることから作業スタッフの需要は高まることになります。 とくに、同じものであっても顧客によって一つ当たりの大きさや重さをオリジナルで発注をもらっていることもあり、それに合わせて小ロットでスタッフが作るということもあります。盛り付け方法や一掴みで決められた重さをトレーに乗せていくなどの経験が必要な作業もありますが、最後にふたを閉める作業となると初心者でも行うことができます。

パートや交替勤務など働き方はさまざま

食品は、季節によっても出るものの種類が変わることがあり、それによって短期間で大量に生産しなければならないこともあります。社員だけでは手が足りずに繁忙期だけのスタッフとして短期募集がされることもあるので、初心者であれば始めやすくなってきます。 また、食品製造では賞味期限が短い食品を取り扱うことになるので、日勤でスタッフが作ったものを次の日に店舗に並べるとなると賞味期限がさらに短くなってしまいます。夜勤でスタッフが作っておけば、次の日の朝には店頭に新鮮なものを並べてもらう必要も出てきます。日勤以外にも夜勤で働くこともできるので、子供さんと少しでも長くいたいというお父さんが夜勤で働いてみたり、深夜手当があるのでお給料も高くなることから効率よく稼ぎたいという人にも夜勤は人気があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加